鎌倉殿の13人 大河ドラマ館

鎌倉殿の13人 大河ドラマ館about

基本情報

2022年3月1日(火) 2023年1月9日(月・祝)

開館時間
9:30 ~ 17:00(最終入館16:30)
※鶴岡八幡宮の祭事等に合わせて変動する場合があります。
住所
鎌倉市雪ノ下2-1-53 
鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
[鶴岡八幡宮境内]
休館日
無休(展示替え休館日除く)
料金

大人 1,000円(高校生以上)
小人 500円(小・中学生)

割引対象者:
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保
健福祉手帳を所持されている方

無料対象者:
小学生未満の未就学児、上記障害者手帳所
持者の介護者1名

※大河ドラマ館入館時にお渡しするパンフレットの提示で鎌倉国
宝館・鎌倉歴史文化交流館(平常展 各大人400円 小人150円
2022年4月1日現在)へ各1回無料で入場できます。(2023年3月31日まで)

  • 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
  • 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
  • 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
  • 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
  • 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

展示案内

史上はじめて武家政権が樹立された鎌倉市で、「鎌倉殿の13人 大河ドラマ館」がオープン。
実物展示と映像展示による、ここでしか見られないコンテンツが多数。大河ドラマのファンだけでなく、歴史好き、鎌倉好きの方々も必見です。
あなたなりの「まだ見ぬ鎌倉」「知られざる鎌倉」を、発見してみてください。

フロアメイン

【ドラマ紹介】
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の作品概要、あらすじ、脚本家コメントなど。デジタルサイネージでは出演者を紹介。

【ジオラマ】
鎌倉幕府の当時の中枢を再現したオリジナル・ジオラマ。

【大型造作】
鎌倉幕府の一角をリアルに再現。ぜひ記念撮影も。

【体感展示】
大型壁面に投影される、ドラマの雄大な背景映像。インタラクティブ機能あり。

【衣装・小道具展示】
主要登場人物たちの衣装や、小道具を実物展示。

【シアター映像】
4Kスクリーンでドラマの魅力や、撮影・制作のウラ側などを“深掘り”。他では見られないオリジナル映像が中心です。

【相関図】
源氏と平家。武士と貴族。ドラマの人間関係を網羅する相関図。

【サイン展示】
華やかな出演者の皆さんのサイン色紙を展示。

建物案内

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムの建築は、1951年に開館した神奈川県立近代美術館の旧鎌倉館を継承したものです。神奈川県立近代美術館は、20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエに師事した建築家・坂倉準三の設計で、日本初の公立近代美術館として開館しました。2016年に同美術館が閉館した後、神奈川県から鶴岡八幡宮に土地の返還と合わせて無償譲渡され、2019年鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムとして開館しました。
2020年に「旧神奈川県立近代美術館」という名称で国の重要文化財に指定されました。室内外が流動的に結びつく開放的な空間が特徴です。池に反射した光が天井に映るピロティや、平家池に面するコンクリート製手摺り、大谷石積みの壁面、各階段の人造石研ぎ出しの手摺りなど、建物自体もお楽しみください。

TOP